残高スライド元利定額返済方式-キャッシング 審査 モビット プロミスなど厳選4社を公開

キャッシング審査で選ぶ厳選4社公開

キャシングの審査でお悩みの方をお助けします

みんなが選ぶキャッシング会社をご紹介。
あなたの借金のお悩み解決の参考にしてください。

ちょっと待って!あなたの借金は今のままでも大丈夫ですか?

あなたに合った キャッシング業者を見つけよう!

口コミを参考に自分に合ったキャッシング業者を見つけてください。

残高スライド元利定額返済方式

ローンの返済途中で収入変動が起こる場合もあります。

景気変動による勤務先の業績悪化で収入が減ったり、場合によってはリストラの対象となってしまう事さえあります。そんな時ぜひ覚えておきたいのが「残高スライド返済」の仕組みです。

残高スライド元利定額返済方式

残高スライド元利定額返済方式、略して残高スライド返済と呼ばれるのはどういうシステムなのでしょう。

簡単に言えば、支払い残高の元金によって、月々の支払い金額が変動するシステムです。
具体的には、100万1円〜150万円では月々3万円、50万1円〜100万円では月々2万円というように、元金が減るにつれ、月々の最低支払い金額が変動していくのです。

この最低支払額を「約定額」というのですが、この約定額は金融機関ごとに独自に設定されているので、ここに書いてある金額が全ての金融機関に当てはまるわけではありません。

例えば100万円借りていたとしても、2年間コツコツと3万円ずつ返済していけば、元金は毎月少しずつ減っていきます。実際には利息がかかりますから、2年間月々3万円ずつ支払ったら残りは28万円などという単純なものではありませんが、利息を含めても支払い残高は徐々に減っているはずです。

この時支払残高の元金が50万を切っていれば、月々の支払い金額を下げる事が出来るシステムです。

勿論最後まで月々3万円ずつ支払い続ければ、それだけ早く完済できます。
ボーナス月には余分に支払う事も可能です。

ですが予期せぬ収入減少に陥ったりして支払いが厳しくなったときには、残高によっては月々の支払い金額を安くしてもらう事ができるのです。

残高スライド元利定額返済方式のメリット・デメリット

残高スライド元利定額返済方式を理解していれば、返済が厳しいときに元金が減っていれば、申し出によって返済額を減らしてもらう事が出来ます。

誰だって、今日交通事故で入院しないとは限りません。突如勤務先が倒産しないとは限りません。大きな地震によって勤務先が倒壊してしまうかもしれません。

誰にでも突如収入が減ってしまったり、働けなくなってしまう危険性はあるのです。

そんな時に、支払い残高が減っていれば月々の負担を減らす事が可能なこのシステムは大変ありがたいものです。

しかしこのシステムはメリットばかりではありません。
考えれば簡単に分かる事ですが、当然デメリットもあります。

月々の支払い金額が減れば、当然それだけ支払い期間が長引く事になります。

ですが支払い期間が長引く事がデメリットではありません。
支払い期間が長引く事によって、余分に利息がかかってくる事がデメリットなのです。

残高10万円で、月々2万円の支払いなら5回だけと、月々1万円では10回になるなどと単純なものではないのです。期間が倍になるという事は、利息もその分増えるという事です。
つまり支払い残高の総額が増えてしまうという事です。

この事をよく理解したうえで、残高スライド元利定額返済方式を上手に利用しましょう。

残高スライド元利定額返済方式に関してのQ&A

残高スライドの返済額は自分で変更できる?

基本的に残高スライド方式は毎月決められた定額を支払いますので、自分で変更できません。しかし、金融会社によっては、残高スライド方式と、定額方式など、返済方法を選択でき、途中で変更できる場合もあるようです。財政が厳しい時は残高スライド方式、楽な時は、定額方式などに切り替えるのも賢い方法です。

残高スライドの返済額を基本的には自分で変更することはできませんが、予期せぬ収入減少があったり、急な出費があって、返済が厳しくなったときには、残高によっては月々の支払い金額を安くしてもらう事ができます。

残高スライド元利定額返済の意味?

残高スライド元利定額返済とは、借入残高に応じて最低返済額が段階的にスライドしていく返済方法のことです。例えば、借入残高が100万〜50万円のときは最低返済額は毎月2万円。借入残高50万円以下になると最低返済額が毎月1万円。という風に返済額がスライドします。

キャッシング会社によって名前が違うので少々ややこしいですが、残高スライド゙元利定額返済も残高スライドリボリングも同じ意味のものです。借入金額の残高に応じて返済額が段階的に変わります。残高が多ければ返済額も多く、残高が少なければ返済額も少なくなるという借金返済方法のことです。

残高スライド元利定額返済方式の意味とは?

残高スライド元利定額返済方式とは、借入残高によって約定返済額がスライドしていく返済方法を言います。この方法は多くのキャッシング会社で採用されています。もし、追加で借り入れた場合には、直前の借入残高と追加分の合計額が借入残高となり、約定返済額が増えるしくみです。

残高スライド元利定額返済方式は、借入残高によって月々の返済金額が変動していくシステムです。元金が減っていくにつれて、月々の最低支払金額も減って行きます。ただ、元利定額方式は、元金定額方式よりも支払いが長引く特徴があるので、早めに返済するように注意しましょう。

残高スライド元利返済方式とは?

残高スライド元利返済方式は、借入れた元金と利息をあわせた返済額が、残高に合わせてスライドしていくもので、何ヶ月かは一定額の返済となる為、計画が立てやすいというメリットがあります。返済開始後のしばらくの間は利息ばかりを支払う形になる為、なかなか元金が減らないというデメリットがあります。

カードローンの返済方式の主流は元利均等方式や元金均等方式となっています。その中でも元利均等返済方式は、決まった金額の中に元金と利息が含まれているので、返済に対する負担は少ない代わりに、なかなか元金が減らないという欠点もあります。

残高スライド返済の危険はありますか?

残高スライド返済とは、借入残高の範囲に応じて返済額が変動する返済方法です。そのデメリットとして考えられるのは、残高スライド返済では手数料が高く設定されているので、返済期間が長引けば長引くほど返済総額が増えてしまうことです。

カードローンの返済方法の一つ、残高スライド返済には、メリットとデメリットがあります。残高スライド返済は、毎月の返済額を最低限に抑えることができるというメリットがあります。しかしその反面、返済期間が長くなってしまうというデメリットもあります。

残高スライド方式のメリット?

残高スライド方式のメリットとしては、返済が厳しくなったときに、元金が減っていたならば申し出によっては、返済額を減らしてもらえる可能性がある事です。急に何かあった時、残高が減ってさえいれば月々の返済額を減らせる事ができるのはとてもありがたいことです。

残高スライド方式のメリットといえば、高額の借り入れであっても支払額が一定なので、毎月の生活設計が立てやすいことです。更に借り増ししたとしても、支払いがしやすいというのもメリットと言えます。毎月延滞せずにきっちり返済することを優先した場合、この残高スライド方式がいいかもしれません。